任意整理をすると警備員の仕事はできない?

任意整理をすると警備員の仕事はできない?

任意整理をしても、警備員の仕事はできます。職業制限がかかるのは、自己破産をした場合です。任意整理をすると警備員の仕事ができないかもしれないと心配をしている人は、むしろ任意整理を早い段階でしてしまって、借金問題を解決してしまうことです。自己破産をすることになったら、その手続き中の間だけですが、一時的に警備員の仕事に就けなくなります。

任意整理をするとブラックリストにのりますが、基本的には会社にバレる心配はありません。金融機関との交渉だけで手続きが行われるので、だれかに知られてしまうリスクは低いです。弁護士や金融機関には守秘義務があるので、だれかに話されるという心配もありません。自分でだれかに話してしまってバレるというケースが一番多いのではないでしょうか。自己破産をすると、官報に個人情報がのってしまいます。官報をチェックしている一般人はほとんどいないものの、バレてしまう可能性がいくらかあることは確かです。また、裁判所に出向いているところを知り合いに見られたら、それがきっかけで疑われるということもあります。この意味でも、早い段階で任意整理をしてしまったほうがいいと言えます。

結論として、警備員の仕事をしている人は、自己破産をすると職業制限がかかるので、なるべく任意整理で解決をしてしまうべきであると言えます。もちろん、無理のない借金をするようにして、なるべく債務整理のお世話にはならないことが一番です。
任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方はこちら